専業主婦やパートでも旦那に内緒で借入申込できる

夫にばれないカードローンの申込方法家計のやり繰りでいつも頭を悩ますのは主婦の方々ではないでしょうか。
自分の欲しいものも我慢して努力している主婦も多いと聞いています。

お金が足りない時なんとかしようと努力しても、無理なものは無理。そんな時、力強い味方となってくれるのはカードローンです。

カードローンは20歳以上で収入がある方ならどなたでも保証人不要で申し込みができ、パートをしている主婦はもちろん、例え専業主婦でも配偶者である夫に安定収入があれば、旦那の許可が必要なく借り入れが可能です。

「でも、旦那に借金を知られてしまうと何をいわれるかわからない」というような不安もあるかと思います。しかし大丈夫。誰にも知られることなく、内緒でお金を借りられるカードローンがあるんです。

夫にばれないカードローンの利用方法とは

夫にばれないカードローンの申込方法最近はほとんどの人がスマートフォンを持っているネット社会です。
どの金融機関もカードローン申込みに関しては24時間対応でWEB受付をしています。

もちろんスマートフォンでの申し込みも可能で更に提出書類もPDFや写真に撮るなどしてWEBにアップするかメールで送るだけなので手続きが簡単で早くなります。
これなら、夫のいない時間や夜遅くでも申し込みできますよね。

カードも郵送ではなくパソコンやスマホから申込した後、自動契約機で発行してもらえば、郵送物で旦那に発覚!ってこともありません。
それに最近はWEB完結で申し込み対応しているので安心です。

WEB完結とは、申し込みから借入までをすべてWEB上で行うというサービスです。
商品によっては、「電話なし(在籍確認電話なし)」「郵送物なし(カードや契約書の郵送物なし)」のものもあります。

申し込み~審査までは、先に述べたとおりですが、お金もカードで引き出すのではなく、自分が持っている銀行口座に振込処理をしてくれるのです。

自分だけの口座を持っている方はこの方法だと更に便利です。夫にばれないだけでなく他の誰にも「お金を借りている」ことを知られることがないのですから。
WEB完結だと、最短即日で借入が可能なので、急ぎの人にもぴったりですね。

カードローンは主婦にとって、一時的に金銭面を助けてくれる良きパートナーです。
家計のやり繰りだけではなく、たまには自分へのご褒美で好きなものを買うのも良いのでないでしょうか。

主婦でも申込可能なカードローンをご紹介しますので、参考にしてみてください。

おすすめ!主婦でも借りられるカードローン

新生銀行レイク

新生銀行カードローン レイク

実質年率: 4.5~18.0%
利用限度額: 限度額500万円
融資: 最短即日利用可能
審査スピード: 画面上ですぐに結果表示

【主婦OK!】
30日間全額無利息 or 180日間5万円以上無利息のサービスあり!(※初めてご利用の方)
主婦・主夫の方でもアルバイトやパートなどで安定した収入があれば申込OK!
返済日をメールでお知らせしてくれるサービスも。

新生銀行カードローン レイクの公式サイトはこちら

プロミス

プロミス

実質年率: 4.5~17.8%
利用限度額: 限度額500万円
融資: 最短即日利用も可能
審査スピード: 最短30分

一番の魅力は30日間無利息キャンペーン!
審査スピードは最短30分で早い!即日融資も可能でWEB契約なら自分の口座に振込みでの融資も可能です。
プロミスの金利は4.5~17.8%

プロミスの公式サイトはこちら

アコム

アコム

実質年率: 3.0~18.0%
利用限度額: 1万円~800万円
融資: 最短1時間
審査スピード: 最短30分

アコムには3つのメリットがあります!
最短30分で審査回答・即日振込も可能!
いつでも返せて、利息は利用日数分!
ネットやATMから24時間借り入れ返済が可能!
そして、ご契約日の翌日より30日間金利0円サービスも!(※アコムを初めてご利用の場合のみ)

アコムの公式サイトはこちら

みずほ銀行カードローン

実質年率: 3.0~14.0%
利用限度額: 最大限度額1000万円
申し込み: WEBから24時間受付

来店も郵送も不要で、WEBで完結する「WEB完結申込」が可能!
24時間受付なので、空いてる時間にお申込みできます。
ATM手数料が無料に

みずほ銀行の公式サイトはこちら

モビット

モビット

実質年率: 3.0~18.0%
利用限度額: 1万円~800万円
融資: 最短即日利用可能(※1)
審査スピード: 10秒で簡易審査結果表示

※安定した収入のある方は申し込み可能!
WEB完結申し込みで、来店・電話連絡・郵送物なし!
本審査完了まで最短30分!(※1)
お申込み~利用までインターネットで完結するので忙しい方にもおすすめ
※1 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

モビットの公式サイトはこちら


主婦向けのカードローン・キャッシングについて

植物働いている夫がローンを借入出来ても専業主婦は借入申込できないと思っているなら、それは大きな間違いです。

現在は専業主婦向けのキャッシング商品も充実しており、審査さえ通れば利用が可能になってきました。

では働いていない専業主婦や、低収入であるパート勤務の主婦がどのようにしてキャッシング申込することが出来るのかというと、実は貸金業者側では配偶者である旦那の所得を主婦の所得とみなして申込することが出来るのです。

夫の所得の多くを管理しているのは、実質妻が圧倒的多数です。
夫が働いて妻はそれを管理しているという家庭が多い為、夫の所得を妻の所得とみなしてローン申込ができるのです。

ですので消費者金融や信販会社などでは、返済財源を夫の所得として申込を受け付けているところはたくさんありますし、貸金業者の多くがその市場に目を向け、主婦への貸し出しに力を注いでいます。

さてこの主婦向けのキャッシングサービスは多くの業者が参入しているものの、まだ知名度も低く正確な情報が少ない事から申込や返済のトラブルも多いようです。

しかし正しい知識や自己管理の下で利用することが出来れば、何も怖いサービスではありませんし、サービス内容を正しく知る機会さえあれば、きっと多くの主婦が安心してキャッシングを利用できるのではないでしょうか。

このサイトでは主婦向けキャッシングをする際の基礎知識や注意点、旦那に内緒で借りるにはどうしたらいいのか、ローン地獄にならない為にどのような対策をするべきかについて、具体的な例を出しながらお話していきたいと思います。

内緒でキャッシングを行うには郵送物の無い金融会社を選ぶのが大切

郵便受けちょっとの間お金が足りなくなったとか、急な出費が必要になってしまった場合に、キャッシングができると非常に便利ですよね。
その中でも、内緒でキャッシングを行うというケースは決して少なくは有りません。

まず、キャッシングを家族に内緒で行う場合には、金融会社からの郵送物が自宅に届かないようにすることが大切です。
借金などの実態は意外と郵送物から分かってしまうことが多いからです。
その為、このような物が届かない様なサービスを上手に利用することが重要になります。

最近ではインターネットの普及により、Webで簡単に融資の申し込みが出来るようになりました。
Web申し込みの場合には基本的にWebと電子メールでのやり取りが中心となるため、契約書も電子媒体の形で送付されてくることが多くなっています。

又、パソコンだと共有して使っている方の場合もあり、メールなどが家族にチェックされる危険のある人は、契約書の送付を拒否することも可能です。
この場合でも、いつでもweb上で契約内容が確認できるようになっている金融会社が多いので、安心して利用できます。

又、Web申し込みをしても郵送されてくる恐れのあるものがカードです。
カードローンの形態が多い最近の消費者金融では、契約完了後、本人宛にカードが郵送されてくることが多いのですが、これに付いてはWeb申し込みのあとで受け取り方法を店頭もしくは自動契約機で受け取ることを指定できるので、自動契約機で受け取る方法を選択することで郵送される恐れが無く、受け取ったその場でカードを利用できることになるので便利です。

家族に内緒でキャッシングを利用する際に注意しなければいけないもののもう一つとして利用明細が有ります。
これも金融機関によっては郵送で毎月送付されてくる場合も有るので注意が必要です。
これについても殆どの金融会社がWebに対応しているので、契約時に利用明細を送付しない旨申し込んでおくことで解決ができます。
但し、返済遅れやその他の返済トラブルが発生した場合には金融会社から郵送物が送られてくることになります。

家族に内緒でキャッシングを行う場合には、返済遅れなどのトラブルを起こさないように十分に注意をすることが最も重要と言えるでしょう。

主婦は低金利のキャッシングを利用する事が出来るか

金融機関によって、キャッシング利用時に適用される金利の設定は違う為、中には低金利で利用する事が出来る所もあります。
それを利用すれば、高金利の所を利用した時よりも返済総額を抑える事も可能です。

キャッシングは急にお金が必要になった時にも利用しやすいサービスで、担保や保証人を用意する事もほぼ必要ありません。
ただ利用する為には審査を受ける必要があり、それによって融資が可能と判断された時のみ利用できます。
また金融機関によってはそもそも融資対象者とはみなされない場合があるので、その場合は他の金融機関を利用する事になります。

主婦には2種類あり、仕事をしている兼業主婦と、仕事をせずに家事などをこなしている専業主婦に分ける事が出来ます。
兼業の場合は自分自身に収入が有るのでキャッシングの利用は自分の返済能力の範囲内で可能となります。
利用する金融機関に制限があるわけではないので、後は低金利で融資してくれる所を探すのみです。

専業の場合は自分自身に収入が全くない状態なので、もしお金を借りたとしても家計から返済する事になります。
また消費者金融を管理している貸金業法の中の総量規制では、年収の3分の1までの貸付が可能となっており、収入が無い人はそもそも融資対象者となっていません。
そのため、専業の場合は消費者金融カラお金を借りる事は出来なくなっています。

消費者金融よりも低金利での貸付を行っている場合が多いのが銀行です。
銀行は銀行法によって管理されている金融機関なので総量規制の対象外となっており、専業主婦の場合でも融資は可能となっています。

ただ実際に利用する時は家計の範囲内からという事になっており、さらに収入がある人に比べると貸付限度額も少額に抑え得られています。
しかし実際には低金利での融資を受ける事が出来るようになっており、担保や保証人も用意する必要なくお金を借りる事が出来るようになっているので、専業主婦でも利用できるキャッシングとして利用者も大勢います。

このページの先頭へ