旦那に内緒で借金OK TOP > 主婦キャッシングの基礎知識 > 主婦だってカードを持ちたい

主婦だってカードを持ちたい

笑顔の女性夫婦にはそれぞれ役割というものがあります。
夫は外へ出て働きお金を稼ぎますし、妻は家を守り夫の収入を源泉に家計をやりくりします。
 
このように夫婦にはそれぞれは役割があるにも関わらず、社会的な信用で見れば働き収入を得ている夫の方が信用はあります。
 
なぜなら夫は稼ぎがあるため、あらゆるローンを組むことが出来る為です。
 
一方妻は夫と同じくらいの稼ぎかそれ以上あれば社会的な信用は付いてきますが、通常は夫と同等の稼ぎのある妻はまれで、あったとしてもパート収入くらいなもので、家計の主たる財源になりうるくらいの収入はありません。
 
ではそんな主婦がキャッシング出来るローンカードやクレジットカードを作ることは一般的に考えれば、弁済財源がないため作ることはできません。
 
しかし主婦でもキャッシングカードを作ることが出来るのはなぜでしょう。
答えは夫の収入を妻の弁済財源として見做している為です。
 
非常に残酷な話ではありますが、主婦がカードローンやキャッシングカードを作ろうとしたとき、カードローンの会社は夫婦の財産を支配しているのは夫ではなく妻であると考えています。
 
なぜなら夫の給与を全額管理し家計をコントロールしているのは妻だからです。
 
そのため妻がキャッシングの申し込みをする時は、夫の給与なのにまるで自分の所得のように申込が出来るのです。
 
なぜ返済財源のない主婦がキャッシング申込が可能なのかというと実はこういった裏があるのです。

このページの先頭へ