旦那に内緒で借金OK TOP > 主婦キャッシングの危険性 > 主婦キャッシングの延滞時督促

主婦キャッシングの延滞時督促

書類もしカードローンの借入を配偶者が知らない主婦が万が一、支払い延滞をした場合、少々厄介な事になります。
 
それは支払延滞をしている訳ですから、当然支払いの督促が来ます。
しかもその督促連絡も延滞した初日の朝一番に電話連絡が入ります。
 
もしこの時点で契約者本人と連絡がつき入金の約束が出来れば良いのですが、これがまったく連絡が取れず、予め伺っていた連絡先へ連絡をしても、すべて出ない場合キャッシング業者は最終手段に出ます。
 
主婦がキャッシング業者から借入する際はだいたい配偶者勤務申込で受付します。
まず本人勤務申込で申込する人はいません。
 
従って多くの場合、契約者本人である主婦と事情を知らない配偶者の両方が契約書書面には並んでいるのです。
 
従って万が一、契約者本人と連絡が取れないような場合は、やむを得ず配偶者である夫の携帯、または夫の勤務先などへ連絡が入ることになるのです。
 
ただここまでして督促を行うのは非常に貸金業者側としても無用なトラブルのタネを撒くだけですので、できるだけ避けたいのが本音ではありますが、契約者があまりに不誠実で履行義務を著しく怠っている場合は、トラブルになることを覚悟の上で配偶者へと連絡を取るのです。
 
どうしてそこまでするのかと言われる人もいますが、それ以前に借りたお金を期日までにしっかりと返済していればこんな事にはならない訳で、それは主婦であろうと会社員であろうと債権管理に基づく督促は貸金業者の義務でもある為、冷淡に見られるかもしれませんが見境なく行います。

このページの先頭へ