旦那に内緒で借金OK TOP > 主婦キャッシングの危険性 > 主婦キャッシングは信用度が低い

主婦キャッシングは信用度が低い

主婦キャッシングの信用度がそもそも何と比較して信用度を計っているのかといいますと、主婦は働いているサラリーマンなどと比べ現金収入を得る手段が大変弱いのが、キャッシングする上でのデメリットになります。
 
つまり一日の殆どを現金を得ることを目的に、そのためだけに働く会社員と、特定の現金収入を得る術を持たず現金を消費する事が一日の大半を占める主婦とではキャッシング会社の評価は異なるのです。
 
キャッシング事業者が最も理想とするお客さんは良く働き良く稼ぎ、よく使い良く借りるお客さんが貸金業者が最も理想とするお客さんであり、この条件を満たさないお客さんやバランスの悪いお客さんの場合、評価は少し低めになります。
 
つまりこの条件を見事に満たしてくれるお客さんこそ、サラリーマンであり、サラリーマンは貸金業者にとって最も理想とするお客さんになります。
 
ところがこれが主婦になるといったいどうでしょう。
主婦は働く基盤が未熟です。
 
現金収入を得る術といえばパート勤務くらいで、それも不要の範囲内となると年収換算でみるととても低くなり、決して稼ぎが良いとは言えません。
 
ところが時間だけはたくさんあるせいか、消費に対しては旺盛です。
 
しかし返済していく上でのバックボーンが弱いと、貸す側としては貸し倒れリスクを考えてしまいますので、どうしても主婦に対する貸出金は弱いものになってしまいます。
 
このように主婦は会社員等に比べ圧倒的に年収ベースで低く、貸し出しリスクが高い為、たとえ配偶者勤務申込で行ったとしても、社会的信用が低い為に実際の可能額は大変低いものになります。

このページの先頭へ