主婦キャッシング利用枠の限界

主婦主婦向けキャッシングはあくまで夫の所得を返済財源として申込を行いますので、キャッシング事業者側もあくまで本人の所得と見做しているだけであり、厳密には配偶者の給与であります。
 
そのため弁済財源の意味が便宜的な要素が多いせいか、実際に主婦がキャッシングする際の利用枠には限界があり、その限界は夫の所得から差し引いた可処分所得に準じます。
 
そのため主婦向けキャッシングの利用枠というのは総じて少額になる傾向にあり、それを補うために他者からさらに借入をする必要がある場合もあります。
 
借入件数が増加すれば、真綿で首を絞めていくように徐々に信用状態が悪化していきますので、これは主婦にとってもあまり好ましい事ではありませんし、借入件数が増加すればそれだけ毎月の返済金額も、金利を含めた金額で計算すると莫大な額になりますので、不経済極まりません。
 
しかし希望額が大きくなれば必然的に借入件数を増やす必要があり、ここで借入希望と現実のジレンマが発生します。
 
では借入件数を出来るだけ少なく、そして出来るだけ金利負担を少なく借入をしようとすると、やはり少しでも金利の低いところから借入するしかありません。
 
そもそも主婦向けのキャッシングサービスを行っている貸金業者が少ない中で、更に金利の低い貸金業者を探すこと自体が無謀かもしれませんが、そうしないと主婦の負担は大きくなるだけですので、もし件数を増やして希望額を満たしたいということであれば、この方法しかありません。

このページの先頭へ