旦那に内緒で借金OK TOP > キャッシングに填まる主婦たち > 主婦キャッシング枠は元々少額

主婦キャッシング枠は元々少額

主婦がキャッシングで借り入れをするにあたり、なぜ普通に働いている人よりも主婦の借入件数が増加しやすいのかというと、そもそも主婦というのは普通に働いている人に比べ稼ぎが圧倒的に足りません。
 
あったとしてもパート勤め収入くらいで、専業主婦に至っては収入ゼロです。
 
そんな返済財源が薄い属性の人に対して資金を融通するわけですから、貸す側もそれなりにリスク回避をする必要性があります。
 
これは申込者である主婦に信用があるとかないとかではなく、単に主婦がキャッシングで借入した後の返済財源に見合った額しか貸し出しできない為、このような事が起きるわけです。
 
ズバリ言いますと主婦のキャッシングは1件当たりの借入金額が非常に少額なのです。
 
いくら借入出来るかはその時の申込内容と、申込者の属性によりますので、一概には応えられませんが、一つ言える事は夫の収入を弁済財源にしている以上、それにかかるリスクを最大限に回避する必要性があるという事なのです。
 
例えば夫の失業や離婚によって夫との関係が終了した時といったリスクが配偶者勤務受付にはあります。
 
主婦にはこれらのリスクがあるため、普通に働いている人に比べ返済が滞るリスクがあるのです。
 
もし自分自身でしっかりと働き、また返済余力が十分にあるのであれば、こういったリスク回避する必要性はありません。
 
主婦のキャッシング枠がどうして少額になってしまうのか?それは単に主婦の収入そのものが少額であることで起きる貸す側のリスク回避策だったのです。

このページの先頭へ