旦那に内緒で借金OK TOP > 働いている主婦のキャッシング > 主婦パートの所得を源泉に申込

主婦パートの所得を源泉に申込

主婦のキャッシングは専業主婦タイプとパート勤めしている主婦の2タイプに分けられます。
 
そしてこの2つのタイプをみると、パート勤めしている主婦としていない主婦とでは、キャッシング業者の見方が大きく変わります。
 
なぜなら専業主婦とパート勤めの主婦の返済財源を比較してみると、絶対にパート勤めしている方の返済財源が多くなりますし、貸し倒れリスクで見ても少しでも自分自身の収入が多く、可処分所得が高い方がそれだけでリスクヘッジされますので、それが主婦申込であったとしてもキャッシング業者の注目度は非常に高いものになります。
 
では主婦パートに出た場合の配偶者勤務申込と出ていなかった場合の、配偶者勤務申込を比較してみます。
 
まずパート勤めで毎月8万円収入があったとします。
これは手取りで8万円ですので、税込みだとおよそ9万円です。
これを年収で換算すると、年収108万円となり、それを夫の所得に加算すれば結構な額になります。
 
一方同じ主婦でもパート勤めをしていない主婦の場合、夫の給与のみで申込となるため圧倒的に与信の額は前者のパート勤めしている主婦の方が上になります。
 
つまり簡単にいうと全く働いていない主婦と、少しでも働いている主婦とでは業者側の心象に非常に大きな差が生まれるのです。
 
主婦パートを所得が返済財源の源泉になるかどうかで、キャッシング申込の上では結果的には大きな心象の差が生まれます。

このページの先頭へ