旦那に内緒で借金OK TOP > 失敗しない主婦向けキャッシング > 信用は人が生きていく上での財産

信用は人が生きていく上での財産

人間社会はすべて契約で成り立っています。
 
契約というと堅苦しく聞こえるかもしれませんが、簡単にいうと約束を守るということです。
この約束を守る行為こそ、責任ある大人の最低限のモラルでありルールであります。
 
ところが最近、この最低限のルールが守れない大人が増加してきているのです。
そしてそれはキャッシング業界でもそういった大人や主婦が増加してきています。
 
約束を守らないと当然、何らかのペナルティがあります。
 
そしてキャッシングにおいてこのペナルティの該当するものが、個人信用情報機関への事故情報の登録になり、これに登録されてしまうともう他の金融業者から資金の融通を受けることができなくなります。
 
キャッシングで焦げ付かせてしまう主婦の多くがこの規範意識が著しく欠落し、その後にある自分の信用を傷つけてしまうことをよく理解していません。
 
信用は人が生きていく上で大事な資産であり、この信用があるからこそ人はローンが組めたり、誰かから何か大事な責任のある仕事を任されることが出来るわけで、人が信用を失うとそれを再度構築していくには大変な時間と労力がかかります。
 
それは主婦であっても同じことで、信用を失うとあらゆる人や業界から警戒されてしまいます。
 
特にクレジットカードやキャッシングカードの作成、また銀行口座の作成等においても作成を拒否される場合があるのです。
 
そうならない為にも、まずは信用を失うような真似はしない事と、信義誠実の原則で契約を守る意識が需要です。

このページの先頭へ