旦那に内緒で借金OK TOP > 働いている主婦のキャッシング > 夫の所得も加算して申込も可能

夫の所得も加算して申込も可能

考える女性ここまでお話してきた中で既にお分かりかと思いますが、主婦のキャッシング申込には、夫の給与を自分自身の給与という形で申込することの出来る配偶者勤務申込という方法がありますが、パート勤めしている主婦がキャッシング申込する際は、自身のパート収入と夫の給与の総額を年収として申込することができます。
 
但し合算したからといって必ずしも、希望額通りになるとは限りません。
 
借入審査は総合的な判断のもとで金額が決まりますので、申込内容や項目によっては希望通りにならない事も十分に考えられます。
 
特に主婦が勘違いしやすい事として、総量規制の年収の3分の1しか借入することができない条件に関する誤解です。
 
この誤解を解くためにはそもそも融資可否の判断はキャッシング業者側に委ねられている事を理解しなくてはなりません。
 
つまり夫婦そろった年収が600万円あるからといって、その3分の1である200万円が枠として設定される保証はどこにもありません。
 
あくまで目安として総量規制があり、国が決めた制限としての総量規制なのです。
 
つまり逆に言えば年収の3分の1以下の枠の設定であればいくらでも良いということになります。
もっというと枠0円も十分にありうるのです。
 
この総量規制を案外勘違いしている人は多いので、しっかりと理解する必要があります。
 
融資可否は貸す側が決める事であり、自由であるということと、枠の設定は借りる側が強制できるものではないので、希望額に達さなければ素直に諦めなくてはなりません。

このページの先頭へ