旦那に内緒で借金OK TOP > 主婦キャッシングの危険性 > 滞納時は夫のところへ連絡が行く

滞納時は夫のところへ連絡が行く

電話する男性借入後に返済が滞った場合、当然キャッシング業者から何らかの督促が入ることになるわけですが、この督促にはちゃんとしたルールがあり、貸金業者はそのルールに従って、督促を行っています。
 
そしてそれは主婦向けキャッシングでも同じことが言え、主婦が最初に新規申し込みを行った際に、万が一申込者と連絡が取りたくなった時、その連絡先の優先順位を必ず聞きます。
 
そして顧客に連絡が必要であると判断した時、キャッシング業者は予め聞いてある連絡先の順位に従って連絡を入れていくのです。
 
通常は本人の携帯電話からつながらなかった時は自宅へ連絡を入れ、それでも本人と連絡が取れなかった際は、配偶者の携帯または勤務先等へ連絡を入れます。
 
この配偶者へ連絡をするのは主婦向けキャッシング特有の聴取事項であり、通常は本人の携帯から自宅、そして勤務先という具合になっていきますが、主婦向けのキャッシングに関してはそれがない為、配偶者の携帯や勤務先などに連絡が入ってしまうことが多いようです。
 
ただこの配偶者への連絡が良い場合と悪い場合があります。
それは配偶者がキャッシングを知っているかどうかです。
 
妻のキャッシング利用を知っていれば、夫とのトラブルは回避できますが、もし夫がその事実を知らなければ万が一、バレた時は夫婦間で修羅場になります。
 
主婦向けキャッシングの申し込み時の在籍確認も、個人名で行うのが通常ですが、ただ勘の良い夫の場合はそういった在籍確認も妻のキャッシング申込の可能性を疑って結果的にばれてしまうこともありますので、夫が借入の事実を知らない場合のキャッシング申込はリスクがあります。

このページの先頭へ